家族葬とは

家族葬とは

亡くなった故人の遺族・親族・友人などの本当に近しい関係のみで行う葬儀・告別式。本来は参列者の多い「本葬」に対して、小規模に行う葬儀を「密葬」といったが、現在は親しい友人を招く場合も含めてこうよんでいる。 家族葬が増えた原因としては、主に高齢化が挙げられる。少し前までは会社勤めの現役中か定年後まもなくに死亡することが多く、会社の同僚などが深く関わり、中心となって葬儀を行うのが普通だった。しかし、ここ数年では高齢化社会となり、定年後20年もたって死亡する事も珍しくなくなっており、現役を引退した故人を知る人がほとんどいない。 その他、東京を中心に都心部で暮らしている子供の基へと身を寄せた地方出身の高齢者の場合、近隣にさしたる付き合いもないことから、極一部の遺族だけで葬儀を行うケースが増えた。故人の趣味や人柄を反映した葬儀を行う事ができる為、近親者や親しい仲間だけで「その人にふさわしい」形で行う葬儀である。

不動産投資は必ず必要
不動産投資の初心者でも安心の
不動産投資相談センター
不労所得を目標に、資産1億円を目指します。

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。